断髪フェチ

27200
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

髪切らせて下さい - よー

2017/03/27 (Mon) 12:15:25

25歳 社会人 大阪住み

自分で言うのも何ですが顔もそこまでブサイクではないです。笑
会う前にこちらの写真と連絡先教えますので、そこでのやり取りで気が合えば是非髪切らせて欲しいです(´ー`)

気軽に話せる断髪フェチ友達も募集してますので気軽にレスよろしくです!

Re: 髪切らせて下さい - あ

2018/08/28 (Tue) 13:33:32

24歳 兵庫県です
もしよろしいかったらお願いしたいです。
連絡とりませんか?

お母さんの髪 - 恵

2017/07/14 (Fri) 14:03:24

私は良くお母さんと一緒に美容室に行くのですが私はいつもショートカットに短く切って貰っているのに美容室から出ると全然短くないと言われます。でもお母さんは全然短くきりません。目の前でお母さんが男性の方にバリカンでバッサリ強制的に刈り上げか丸刈りかおかっぱにされて行く姿と表情を見てみたいです。この掲示板でやり取りが出来れば嬉しく思います。

Re: お母さんの髪 - 素人カット

2018/07/05 (Thu) 04:35:52

お好み通り強制断髪おみせしますよー

Re: お母さんの髪 masamasa

2018/08/21 (Tue) 11:38:55

いつでもきりますよー

断髪、剃髪 - 浩太

2017/01/11 (Wed) 21:58:37

断髪、剃髪フェチです。
誰か切らせてくれる女性募集してます。
神奈川です。

カカオ
kouta19930101

Re: 断髪、剃髪 - 恵

2017/02/03 (Fri) 06:34:00

おはようございます。是非お母さんの長くて量の多い髪に襟足からバリカンを入れてバッサリ刈り上げか剃髪にして貰いたいです。お母さんが目の前で長い髪を襟足から剃られていく姿と表情をみたいです。

Re: Re: 断髪、剃髪 - 浩太

2017/02/16 (Thu) 19:28:03

カカオください!

お母さんの丸刈り - 恵

2017/02/06 (Mon) 15:47:19

お母さんの長くて量の多い髪を襟足からバリカンでバッサリ短く丸刈りにされていくお母さんの姿をみたいです。お母さんの長い髪をバリカンでバッサリ丸刈りにする自信がある方お願いしたいです。

お母さんの長く伸びた髪 - 恵

2017/01/29 (Sun) 03:14:20

お母さんが素人の方に長く伸びた髪をバリカンを使ってバッサリ刈り上げかワカメカットか丸刈りにされている姿を見てみたいなぁって思っています。

髪束 売ります ミカミ

2016/12/20 (Tue) 01:18:55

コレクションされている方々 いかがでしょうか?
連絡を お待ちしております。

お母さんの断髪 - megumi

2016/06/01 (Wed) 06:40:33

お母さんの髪がセミロングまで長く伸びたのでバリカンでバッサリ刈り上げて貰いたいです。

お母さんの長い髪 - MEGUMI

2015/09/17 (Thu) 21:14:27

お母さんの髪が肩下まで伸びてきたのでバリカンでバッサリ刈り上げて貰いたいです。

後悔それでも彼の為に - 断髪 命

2015/06/11 (Thu) 23:19:04

高島幸代 26歳 某アパレル関係の会社で営業事務をしていた。
彼女は社内でも1・2を争うほどの美人だった。
だから男性社員には人気はあったものの女子からは嫉まれていた。
彼女は綺麗になったのは入社して2~3年位で21歳の時に彼が出来てより一層美しくなったのだった。
入社当時はファッションセンスは無いし化粧も上手く出来ないし何より髪型がダサかった。
通っていた学校が厳しかったせいで髪を染めることも勿論パ-マも禁止 今時の学校じゃ考えられないところに行ってたのだ。
入社したての頃の髪型は肩くらいの長さのボブで真っ黒な髪だったので地味な目立たない容姿だった。
それが数年経って今では髪も肩甲骨の下くらいまで伸びて綺麗なストレ-トロングになってファッションや化粧も勉強して以前の彼女の面影など全く無かった。
そんな努力をして綺麗になったのに彼とのちょっとした喧嘩で無茶苦茶になってしまった。
ちょっとした喧嘩とは・・・       
                  続く  

Re: 後悔それでも彼の為に - 断髪 命

2015/06/12 (Fri) 01:04:55

ちょっとした喧嘩とは幸代は彼と付き合い始めた頃は毎日のように会い順調に交際をしていたが最近は仕事を任されるようになり忙しくて彼とのデ-トの待ち合わせに遅れる事が多くなり彼の機嫌が悪くなっていた。
幸代は遅刻する度に謝りなんとか彼も我慢して許していた。
でもある週末の遅刻の理由には彼もブチ切れた。
それは土曜日の夜、彼とデ-トの約束をしていて幸代は出かける前にヘアーエステと毛先のカットをするために美容院の予約を入れて出掛けたのだった。
美容院に着いたが混んでいて予約した時間になっても幸代の順番が回ってこない。
このままではまた彼との待ち合わせ時間に遅れると思い彼に電話をいれた。
しかし彼の電話が留守電で繋がらなかった。
しばらくすると幸代の順番が来てヘアーエステと毛先を揃えて貰い慌てて彼のところに向かった。
1時間遅れで待ち合わせ場所に着き彼を見つけ駆け寄った。
幸代 「良 ゴメン 美容院が混んでて 本当にゴメン」
彼 「幸 俺今日はもう帰る 1時間も待たされてデ-トは無理! 今迄、何回待たされてると思う?もう駄目 限界 だから帰る!」
幸代「だからゴメンって 良に会うのに綺麗にしたくて美容院に行ったのだから今回だけ許してお願い」
彼 「幸 今日このままデ-トしても俺の精神状態だったら喧嘩になるだけ だから帰る!」
幸代 「お願い何でも言う事聞くから今回は許して」
彼 「今、何て言った?何でもする?」
幸代 「ウン 良が許してくれるなら何でもする」
彼 「じゃぁ 俺に悪いと思うなら何か行動で見せてくれよ」
幸代 「行動って?」
彼 「反省して頭丸めるってゆうのは可哀そうだから・・・じゃぁその長い髪の毛バッサリ短く切るってゆうのはどぉ?」
幸代 「エ~今美容院に行ってカットしてきたとこなのに~」
彼 「嫌ならいいよ 俺 帰るから」
幸代 は悩んだ・・・どうしよう何年もかけて伸ばしたのに・・ でも良が切れって言うなら切ってもいいけど・・・
幸代 「じゃぁ今月中にもう一回美容院行くからその時にバッサリ切るってことでいい?でも良、私の長い髪が好きって言ってたじゃない?本当に切っていいの?」
彼 「あぁいいよ 俺 本当はショ-トの方が好みだから でも別にどっちでもいいけど何度も遅刻されて俺の気が済まないから反省してるって見せて欲しいだけ」
幸代 「どんな髪型がいい?ヘアカタ買いに行こうかな?可愛いショ-ト見つけないと」
彼 「可愛いショ-ト?おまえ何か勘違いしてない?バッサリっていっただろ ベリ-ショ-トにしてもらうからな」
幸代 「ベリ-ショ-ト? 剛○彩芽みたいな髪型?あんなに短くするの流石に勇気いるよね でも良が言うならやってもいいよ」
彼 「じゃぁ決まり!気が変わらない内に行こう」
幸代 「えっ 何処に」
彼 「何処にって今からあそこの床屋に決まってるだろ?たった今お前が切るって言っただろ?」
幸代 「今、ううん違う月末までに切るって言ったけど今からってそれにあれ床屋じゃない 絶対 嫌っ」
良太は嫌がる幸代を少し強引に床屋へ連れて行った。

                      続く

断髪小説 - MEGUMI

2013/05/06 (Mon) 12:31:57

お母さんの髪を小説の中で丸刈りか刈り上げにしてもらいたいです。

Re: 断髪小説 - MEGUMI

2013/05/07 (Tue) 09:40:16

ある日お母さんは男性に誘拐された。目が覚めると廃屋に連れてこられていた。『ここはどこ』

Re: Re: 断髪小説 - ソノ

2015/05/05 (Tue) 06:06:18

「早く戻らなくちゃ!子供達も待ってるんだから。」
連れてこられた場所には古い椅子とサビたハサミ、バリカンが置かれていた。
「昔 床屋さんだったのかな?」
そんな平和な事を考えていると男性が入ってきた。
「あ、あの…すみません。早く戻りたいんですが…」
「早く戻りたいなら髪を切れ。その長い髪を」
「なんで切らなくちゃいけないんですか!?」

「うるさい。早く椅子に座れ。」

男性の口調が荒くなってきたので
何も言わずに座る事にした。

「あ、あの…どれくらい切るんですか?」
「………………」


―ジャキジャキ…
長かった髪が、一瞬で肩のラインで切りそろえられた。
これには声が出なかった。
男性は無言で切っていく。

―ジョキジョキジョキン

ハサミでこれでもかというくらい切られると
―ウィーン
という音がした。
―ジャリジャリ…
とうとう髪は無くなった。

「な、なんで…大切にしてたのに…。」

それでも男性は無言のままだった



長々と書いてしまってすみません。

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.